投稿・編集

コード

WordPress.com は一種の共有環境であり、そこではすべてのユーザーが同じソフトウェアを実行しています。これには、我々 Automattic 社の開発者は数千万個のブログをワンクリックでで同時に更新することができるという大きな利点があります。すばやくバグを修正したり新しい機能を提供したりすることができるため、ユーザーの皆さんにはとても便利にご利用いただけます。一方、すべてのユーザーが同じソフトウェアを実行していることには危険もあります。開発者が注意を払っておかないと、一人のユーザーがシステム全体のサイトをダウンさせるということも起こり得ます。ブログに投稿する内容を制限する必要があるのはこのためです。

投稿を公開した際に自分で書いたり他のサイトから貼り付けたコードが消えてしまう場合、そのコードは安全のためにフィルタリングされている可能性が高いでしょう。もし誤ってフィルタリングが行われていたり、追加で許可するコードの種類を提案したい場合はサポートにご連絡ください。

HTML タグ

WordPress.com では、ブログ投稿・固定ページ・ウィジェットで以下の HTML コードを使用できます。

address, a, abbr, acronym, area, article, aside, b, big, blockquote, br, caption, cite, class, code, col, del, details, dd, div, dl, dt, em, figure, figcaption, footer, font, h1, h2, h3, h4, h5, h6, header, hgroup, hr, i, img, ins, kbd, li, map, ol, p, pre, q, s, section, small, span, strike, strong, sub, summary, sup, table, tbody, td, tfoot, th, thead, tr, tt, u, ul, var

HTML で各タグがどのように使われているかを知りたい場合は、外部サイトのごく簡単なHTMLの説明を参照してください。

HTML をよくご存じの方は、embed, frame, iframe, form, input, object, textarea などのタグが上記の一覧に含まれていないことにお気づきかもしれません。これらを含むコードはセキュリティ上の理由から WordPress.com 上では許可されていません。

↑ 目次 ↑

JavaScript の設定

JavaScript を WordPress.com ブログに投稿することはできません。JavaScript は悪意のある目的に使用できます。例として、JavaScript は過去に MySpace.com や LiveJournal といったサービスをダウンさせたことがあります。私たちにとって、すべての WordPress.com ブログのセキュリティは最優先事項であるため、スクリプト言語は有害ではないことが保証されるまで認めることはできません。

YouTube や Google Video などの信頼できるパートナーが発行する JavaScript は、投稿を保存すると WordPress のショートコードに変換されます。

↑ 目次 ↑

Flash その他の埋め込み

Flash およびその他すべての埋め込みオブジェクトは WordPress.com の投稿、ページ、テキストウィジェットでは使用できません。セキュリティ上の理由から、これらが動作するために必要なタグは削除されます。利用者の方には悪意がないかもしれませんが、こういった埋め込み機能を悪用してサイトに被害を及ぼそうとする人がいる可能性があるからです。

動画音声その他の項目を WordPress.com のブログに投稿する安全な方法もありますので、ぜひご活用ください。

↑ 目次 ↑

ソースコードの投稿

ブログにソースコードを簡単に投稿する方法についての詳細は、ソースコードの投稿記事をご覧ください。