ドメイン, 有料アップグレード

ドメイン

誰もがあなたのサイトを見つけられるのは、サイトドメインがあるためです。カスタムドメインを追加して、サイトに関連付けられたドメインを管理するには、複数の方法があります。


目次

ドメインとは
カスタムドメインの追加に関する重要な注意点
カスタムドメインの追加方法
キャンセル
ドメインの移動
返金と更新
ドメイン有効期限
スペルの間違いとドメインの変更
主要ドメインの設定
メール
DNS レコード

ドメインとは

ドメインは、サイトを訪問するときに使用されるアドレスのことで、Web ブラウザーにそのサイトを見つけるのにどこを探せばよいかを指定するものです。住所と同じように、ドメインによってオンラインでサイトを訪れることができます。さらに、店の前に看板を立てるのと同じように、カスタムドメイン名を使うと、サイトをプロフェッショナルに見せることができます。

WordPress.com サイトには、WordPress.com サブドメインを使用した無料のアドレス (例 :example.wordpress.com) が付いています。.wordpress.com の箇所を削除し、代わりに yourgroovydomain.com のようなカスタムドメイン名を使うことができます。


↑ 目次 ↑

カスタムドメインの追加に関する重要な注意点

  • サイトにカスタムドメインを追加するには、WordPress.com プランが必要です。
  • ドメインを登録するときには、正確な名前そのもの (example.com など) を購入します。ドメインは一意で、特定のドメイン内に同時に存在できるサイトは1つのみです。
  • 当社の WordAds プログラムでは、ブログに表示される広告からの収益の一部を受け取ることができます。 カスタムドメインの取得には、WordAds への参加が必須です。WordAds プログラム以外の広告は、ビジネスプランを契約しているサイトを除いてサポートされません。
  • カスタムドメインを使用する場合でも、ブログは引き続き WordPress.com にホストされるため、必ず当社の利用規約を遵守してください。カスタムテーマプラグインのアップロードは、WordPress.com ビジネスプランでのみサポートされます。一部の HTML コードとスクリプトはサポートされません。自分のファイルに FTP でアクセスすることはできません。
  • ドメインを追加すると、すべての投稿とページの URL (リンク) が変更されます。訪問者は自動的に転送されますが、Facebook などサードパーティのサービスは URL を使用してアクティビティを測定します。このため、これまでのシェア数がゼロにリセットされてしまうことがあります。今後の投稿には影響しません。

 

↑ 目次 ↑

カスタムドメインの追加方法

サイトにカスタムドメインを追加する方法は4つあります。

  1. WordPress.com を介して新しいドメインを登録し、自動的に接続します。
  2. すでに所有している既存のドメインを WordPress.com に移管する – 他社で購入したドメインと、自分のサイトを1つの場所で管理します。
  3. すでに所有している既存のドメインを WordPress.com サイトにマッピングする – 他社で購入、登録したドメインを、現在使用中のプロバイダーで管理します (他社との契約を毎年更新する必要があります)。
  4. 既存サイトのドメインを WordPress.com サイトのサブドメインとしてマッピングする – 影響を及ぼしたくないサイトを運営している場合に、サブドメインの下にブログを追加します (例 : blog.yourgroovydomain.com)。

↑ 目次 ↑

キャンセル

ドメイン登録をキャンセルすることには、次の意味があります。

  • そのドメインを使用する権利を放棄することです。
  • サイトが機能しなくなることがあります。
  • ドメインが永久に失われることがあります。

ドメインの購入から48時間以内にキャンセルすると、返金されます。キャンセルして返金を受ける方法についての手順は、こちらのページを参照してください。

一度キャンセルしたドメインを再取得することは困難です。ドメインをキャンセルするのは、その必要性がなくなり、他の人がそれを登録して使用しても構わない場合に限られます。

ドメインを別の所有者、サイト、登録業者に移管する場合やサイトまたはアカウントのみを変更する場合は、ドメインをキャンセルしないでください。 

ドメインが他のホストを指すようにする方法や、完全に移管する方法についての詳細は、次のセクションをお読みください。


↑ 目次 ↑

ドメインの移動

ドメインを WordPress.com に登録しているとしても、必ずしも WordPress.com をホストとして使う必要はありません。登録されたドメインはお客様のものです。したがって、どのホストでドメインを使ってもかまいません。

ドメインを WordPress.com 以外の登録業者に登録している場合、ドメインを WordPress.com からそのホストを指すようにする方法については、ご利用の登録業者にお問い合わせください。ドメインの登録先を確認するには、 Domain Helper  を使用してください。

WordPress.com に存在しないサイトで、 WordPress.com を介して購入して登録したドメインを使用する場合は、次のオプションを利用できます。 

これらのオプションで達成される結果はすべて同じです。つまり、ドメインは別のホストによる別のサイトに向けられるようになります。ただし、新しいホストがドメインの転入移管をサポートしていれば、ドメインとホスティングを同じ場所で管理されるようにする方が簡単かもしれません。

ドメインを他の WordPress.com ユーザーに移動するか、ドメインを自分の他のサイトに移行するオプションもあります。

↑ 目次 ↑

返金と更新

ドメインの登録と更新から48時間までは返金が可能です。期限切れドメインの復旧手数料は返金できません。ただし、復旧手続きに失敗し、ドメインを再取得できなかった場合を除きます。

ドメインはプランとは独立して更新され、請求情報 (および自動更新設定) はプランと同じ場所から管理することができます。

ドメインの更新管理やその他の WordPress.com の購入に関する詳細は、サポートドキュメントの購入を管理を参照してください。サポートドキュメントでは、当社の返金ポリシーや、お客様のドメインの更新手数料の支払い日の他に、よくある質問の回答も確認できます。


↑ 目次 ↑

ドメイン有効期限

ドメインを維持したい場合は、有効期限が切れないようにします。ドメインの失効プロセスは長く複雑なため、追加の失効後更新手数料 (80ドル) を請求される他、失効を容認した場合はドメインを完全に失う可能性があります。

ドメインの消失を避けるためには、必ず自動更新に設定します。「購入」に移動して、ドメインをクリックし、自動更新のステータスを確認します。

ドメイン自動更新オン

「DOMAIN EXPIRES ON」が表示された場合は、ドメインが自動更新に設定されていません。自動更新を有効にするには、「支払い方法を追加」をクリックして支払情報を保存します。


↑ 目次 ↑

スペルの間違いとドメインの変更

  • ドメイン名は、登録された後には変更できません。
  • ドメインのスペルを間違えた場合などは、48時間のキャンセル期間内にキャンセルできます。キャンセルされた後、ドメインページからサイトの新しい正確なドメイン名を登録できます。
  • ドメインマッピングを購入し、その過程でドメインのスペルを間違えた場合は、30日以内にキャンセルすれば返金を受けられます。
  • その期間を過ぎた場合は、サポートにお問い合わせください

↑ 目次 ↑

主要ドメインの設定

  • 同じサイトを指す複数のカスタムドメインを持つことができます。
  • たとえば、主要ドメインに似た間違いやすいスペルのドメインを複数追加すると、訪問者は入力ミスをしても正しい場所を訪れることができます。
  • これらのドメインのうち1つは主要ドメインとなり、他のドメインはすべて主要ドメインに転送されます。
  • 訪問者は追加したドメインのうちどれを使っても正しいブログを訪問できますが、ブラウザーのアドレスバーには常に主要ドメインが表示されます。

主要ドメインに設定されているドメインを確認するには、「参加サイト →  ドメイン」に移動します。ここで、現在どのドメインが主要と表示されているかを確認できます。

主要ドメインの設定

主要ドメインを変更するには、右上の「主要ドメインの変更」をクリックします。

主要ドメインを変更

次に、主要ドメインに設定するドメインを選択します。

主要ドメインの変更
変更はすぐに適用されます。新しいドメインを追加するときには、変更が適用されるまでに若干の遅延が発生する場合があります。

↑ 目次 ↑

メール

WordPress.com ではメール転送を行いますが、完全なメールホスティングを希望する場合、お客様のカスタムドメインに別のプロバイダーを連携できます。 自分のドメインのメールアドレス (例 : you@my.blog) を取得するには、メールオプションを確認してください。


↑ 目次 ↑

DNS レコード

サブドメイン (subdomain.example.com) を追加するまたはメールをセットアップする必要がある場合は、たとえば、ドメインの DNS レコードを編集する必要があります。

ドメインを WordPress.com を介して登録した場合やマッピングされているドメインのネームサーバーが WordPress.com 用のドメインを指している場合は、ここでカスタム DNS を入力して DNS レコードを追加する必要があります。DNS エントリには、A、AAAA、MX、CNAME、TXT、SRV レコードを含めることができます。