ウィジェットとサイドバー, 言語

Google 翻訳ウィジェット

Google 翻訳ウィジェットを使えば、サイトコンテンツを Google 翻訳の対応言語に自動で翻訳できます。

Google 翻訳ウィジェットをサイトで有効する

以下はGoogle 翻訳ウィジェットのサイトでの表示例です。お使いのテーマ、サイドバーやフッターの配置によって表示は異なります。

このブログを翻訳する

Google 翻訳ウィジェットをサイトに追加するには、「参加サイト → カスタマイズ → ウィジェット」の順にアクセスしてカスタマイザーを起動します。

widget

サイト内でウィジェットを表示したいエリアをクリックし、「ウィジェットを追加」ボタンをクリックします・右側に表示される一覧をスクロールするか検索フィールドを使用して、Google 翻訳ウィジェットを見つけます。  クリックして Google 翻訳ウィジェットを選択したウィジェットエリアに追加します。

カスタマイズしたタイトルを追加するか、空欄のままにします。

ウィジェットのカスタマイズしたタイトルを追加します。

ウィジェットにはカスタマイズしたタイトルを追加できます。

保存 & 公開をクリックして、サイトにウィジェットを追加します。   

↑ 目次 ↑

Google 翻訳ウィジェットを使用する

Google 翻訳ウィジェットが有効になりました。サイトの閲覧者が「言語を選択」メニューの矢印をクリックすると、翻訳できる言語の一覧が表示されます。 リスト内の言語をクリックすると、サイトのコンテンツがその言語に翻訳されます。

ドロップダウンメニューをクリックすると、言語リストのポップアップが表示されます。

ドロップダウンメニューをクリックすると、言語リストのポップアップが表示されます。

サイトが翻訳されると、サイトの上部に Google 翻訳バーが表示され、現在の言語を確認できます。このバーの言語の隣にある矢印をクリックすると言語の一覧が表示され、サイトを別の言語に翻訳することができます。「原文を表示」をクリックすれば、サイトを元の言語に戻すこともできます。ウィジェットからも言語を切り替えることができます。

原文 (英語) のブログ投稿です。

原文 (英語) のブログ投稿です。

Google 翻訳ウィジェットでフランス語に翻訳された同じブログ投稿です。

Google 翻訳ウィジェットでフランス語に翻訳された同じブログ投稿です。

↑ 目次 ↑

訪問者を特定の言語のサイトに移動させる

ウィジェットの代わりに、自動翻訳リンクを使って訪問者を特定の言語のサイトに移動させる方法があります。上級のユーザーにお勧めです。URL に言語コードを付けると、コンテンツが自動的に特定の言語に翻訳されます。例:

  • ?lang=id でページをインドネシア語に翻訳
  • ?lang=de でページをドイツ語に翻訳
  • ?lang=es でページをスペイン語に翻訳
  • ?lang=fr でページをフランス語に翻訳
  • ?lang=zh-TW でページを中国語 (台湾) に翻訳

ほとんどの言語では、小文字2文字で構成された言語の略称を使用します。自分が選んだ言語コードを見つけるには、こちらの ISO 639-1コード一覧を使用してください。ただし、言語の略称にロケールを付けなければならない言語もありますので、ご注意ください (例:台湾中国語 の ?lang=zh-TW)。

翻訳用の URL を機能させるには、サイト上で Google 翻訳ウィジェットを有効にする必要があります。

詳しくは、WordPress.com でウィジェットを使用するをご覧ください。