ドメイン

ドメインの移動 »保有しているドメインを WordPress.com に移管する

GoDaddy や1&1など、他のプロバイダー (登録業者とも呼ばれる) からすでにドメイン名を購入されていますか ?このドメインを WordPress.com サイトで使用すると、ドメインを WordPress.com に移管して、サイトとドメインを1か所で管理できます。


ドメイン移管とは ?

  • ドメインを移管することは、ドメイン登録が現在のドメインプロバイダーまたは登録業者 (GoDaddy や1&1など) から WordPress.com に移ることを意味します。
  • つまり、移管後は更新、キャンセル、将来の移管を含め、ドメインのあらゆる側面を WordPress.com で管理することになります。
  • すべての DNS 管理を WordPress.com で行うことができます。

お使いのドメインを現在の登録業者 (Google Domains、GoDaddy、1&1など) に登録したままにする場合、またはお使いのドメインが移管の要件を満たしていない場合は、以下のステップを使用してドメインをマッピングできます。


移管を開始する前に

移管を開始するには、以下を準備する必要があります。

ドメインが移管の対象となるかどうか不明な場合は、現在のプロバイダーにお問い合わせください。ドメインが移管の対象でない場合は、代わりにドメインをマッピングしてください。


ドメイン移管の準備

ドメインを移管する前に現在のプロバイダーで以下の2つのステップを完了しておく必要があります。

  • ドメインのロックを解除する
    • ドメインプロバイダーは、移管などの不正な変更を防ぐためのセキュリティ対策としてドメインをロックします。通常、これは登録業者ロックといわれます。
    • ドメインプロバイダーのドメイン管理インターフェイスには、このロックを解除するオプションがあります。
    • ドメインプロバイダーによっては、このロックを解除するために独自のサポートチャネル経由で問い合わせる必要がある場合があります。
  • ドメイン移管認証コードを取得する
    • WordPress.com にドメインを移管できるように、現在のドメインプロバイダーからの一意のコードを WordPress.com に提示する必要があります。
    • このコードは一般的に EPP コードとして知られていますが、お使いのドメインプロバイダーでは移管コード、認証キー、または認証コードと呼ばれている場合もあります。
    • ドメインプロバイダーのドメイン管理インターフェイスには、通常このコードをリクエストするオプションが含まれていますが、ドメインプロバイダーによっては、独自のサポートチャネルに問い合わせてコードをリクエストする必要がある場合があります。

一般的なドメインプロバイダーの場合の手順

以下は、よく利用されるドメインプロバイダーのドメイン移管手順のリンクです。お使いのドメインプロバイダーが以下のリストに含まれていない場合、またはリストにあるリンク先のページに必要なステップが含まれていない場合は、直接ドメインプロバイダーのサポートにお問い合わせください。

クリックしてドメインプロバイダーのリストを展開する

WordPress.com へのドメイン移管のステップ

複数のサイトをお持ちの場合は、ここに記載されているステップを実行する前に、「参加サイトサイトを切り替える」の順に移動してドメインを追加するサイトを選択してください。

1.「参加サイト管理 ドメイン」をクリックして、ドメインページに移動します。

2.ドメインリストの右上にある「ドメインを追加」ボタンをクリックします。

「ドメインを追加」ボタン

3.「保有するドメインを使用する」を選択します。

4.次のページで「WordPress.com に移管する」を選択します。

5.移管するドメイン名を入力して「移管」をクリックします。

全く新しいサイトの作成の一環として移管を開始している場合は、この時点で購入手続きに推移します。購入手続きを完了して、「参加サイト管理 ドメイン」の順に移動して、移管を続行します。ステップ5で入力したドメインを選び、「移管を開始」を選択します。次のステップ6に進みます。

6.次のページで、ドメインのロックが解除されていることを確認します。ページでドメインがまだロックされている場合は必ず、現在のプロバイダーで更新してください。その後、「ドメインのロックを解除しました」ボタンをクリックします。現在のプロバイダーに変更が適用されるまで時間がかかる場合があります。

ドメインロックのステータス

7.現在のプロバイダーから受け取った認証コードを入力し、「認証コードを確認」ボタンをクリックします。

認証コードの確認

8.確認が完了したら、「続行」ボタンをクリックします。

9.購入手続きを行う前の最後のステップは、連絡先情報を確認することです。以前に WordPress.com からドメインまたはプランを購入したことがあれば、フォームには自動的に連絡先のデータが取り込まれます。このステップでプライベート登録を有効化することもできます (お使いのドメインで利用可能な場合)。すべての情報が正しければ、「購入へ進む」をクリックし、ドメイン移管の支払い手続きを行います。

10.移管の購入手続きアカウントにクレジットが登録されている場合、クレジットによるドメイン購入に関するメッセージが表示されます。

11.支払いが正常に行われると、確認メッセージが表示されます。また、WordPress.com からのメールも届きます。これで、ドメイン移管の処理が開始され、5日から7日以内に移管が完了します。

移管が正常に完了した時点で、ドメインの更新期限が自動的に1年延長されます。必要に応じて同じサイトにいくつでもドメインを追加できますが、ドメインごとに移管料金を支払う必要があります。移管料金は通常のドメイン更新料金と同じです。

30日以内に移管を完了しないと、アカウントからドメインが削除され、返金処理が行われるか、プランのドメインクレジットが復元されます。

この時点では現在のプロバイダーでのドメイン登録をキャンセルしないでください。ドメインをキャンセルすると、すぐにドメインの所有権がなくなるため、移管が失敗します。移管が完了した時点で、現在のプロバイダーのシステムから自動的にドメインが削除されます。


移管完了後の DNS レコードの変更

移管を確認してから処理が完了するまでには約7日間かかります。ドメインが WordPress.com のシステムに登録されると、WordPress.com からメールが届きます。これで、「参加サイト管理 ドメイン」からドメインを管理できるようになります。

ドメインのネームサーバーがまだ WordPress.com に接続されていない場合は、この時点で、WordPress.com に接続されるようネームサーバーを設定できます。または、ドメインにメールアカウントを接続するために必要な DNS レコードを追加することもできます。

移管が完了すると、ドメインの連絡先情報を確認するようリクエストするメールも受け取ります。このメールは、help@wordpress.sawbuck.com から送信されます。


移管ステータスの確認と移管の失敗

  • ドメイン移管が失敗した場合は、メールでお知らせします。また、ドメイン画面にも移管失敗の通知が表示されます。
  • その場合、移管を再開するか、キャンセルして返金を受け取るかを選択できます。
  • 移管が失敗して、当初の購入日から30日以内に再開されなければ、自動的にアカウントからドメインが削除されて、返金処理が行われるか、プランのドメインクレジットが復元されます。

ドメイン移管ステータスには以下があります。

移管待機中

  • これは、購入手続きでドメイン移管を購入済みですが移管処理は開始されていないことを意味します。
  • 次のステップについての詳細を確認するには「詳細」を選択します。
  • 参加サイト → 管理 ドメイン」の順に移動して、「移管を開始」を選択して移管処理を開始します。
  • 25日以内に移管を開始しない場合、移管がアカウントから削除された上で、返金されるか、またはプランのドメインクレジットが復元されます。

移管中

  • コードを送信し、移管の購入を完了したあとの移管の状態です。
  • この時点で、現在のプロバイダーにおいて変更が不可になるようドメインがロックされ、ネームサーバー、DNS レコード、連絡先情報に変更を加えることができなくなります。
  • さらに、現在のプロバイダーからも、彼らの側で移管をキャンセルする方法を示すメールが送られるはずです。これは、不正な移管がなされるのを防ぐためのセキュリティ対策であり、実際に移管を進めたい場合はこのメールを無視して問題ありません。
  • これ以上のアクションは不要であり、数日で移管が完了します。

移管失敗

  • 移管が完了できなかった場合に表示されます。
  • メールでも移管失敗の通知を受信します。
  • 通知の「詳細」をクリックすると、移管が失敗した理由についての情報が表示されます。

ドメインの移管に失敗する理由には以下が考えられます。

  • 新しいサイトへのサインアップ中に移管を購入したが、30日以内に移管を開始するステップを完了しなかった場合。
  • ドメインがまだロックされている場合。移管のためにドメインがロック解除済みであることを、現在のプロバイダーに確認してください。
  • 移管作業開始後に、ドメインが期限切れになった、償還に入った、またはキャンセルされた場合。現在のプロバイダーに連絡してドメインを再びアクティブにしてから、移管処理を再開してください。
  • 現在のプロバイダー側で移管がキャンセルされた場合。移管処理を再開してください。
  • まれなケースとして、現在のプロバイダーが移管を承認しないためにキャンセルになる可能性があります。

当社側で移管失敗の理由を特定できない場合、現在のドメインプロバイダーにお問い合わせいただいて調査を依頼していただくことになります。


移管のキャンセル

ドメインの WordPress.com への移管をしないことに決めた場合は「ドメイン」ページ (「参加サイト 管理 → ドメイン」) から移管をキャンセルできます。移管保留中のドメインをクリックし、下にある「移管をキャンセル」オプションを選択します。

これにより「購入」ページが表示され、そこで自分のサイトから購入を削除できます。プランで無料ドメインを使用した場合、これにより無料ドメインクレジットも回復されて、それを別のドメインに使用できるようになります。または、移管が支払い済みの場合は返金になります。

また、現在のプロバイダーから送られる確認メールにより、または現在のプロバイダーのドメイン管理インターフェイスにより、移管をキャンセルすることもできますが、その場合、アカウントからアップグレードは削除されません。代わりに、移管が失敗したことを示すメールを当社からお送りします。その後、「購入」によりキャンセルして返金を受け取ることができます。

認証コードを送信して移管を開始すると、「参加サイト 管理ドメイン」からキャンセルすることはできません。現在のプロバイダー経由でまだ移管をキャンセルできる場合があります。


WordPress.com に移管できる TLD (拡張子) には何がありますか ?

WordPress.com で現在サポートしている拡張子であれば、どの拡張子でもドメインを WordPress.com アカウントに移管できます。

上記のリストの例外には以下が含まれます。

  • .ca
  • .fr
  • .uk
  • co.uk
  • プレミアムドメイン – これらのドメインはより価値が高いものとして認識されていることから、一般に、通常のドメインよりも高額です。これらのドメインでは、トップレベルドメイン (.com、.org、.services など) をどれでも使用できます。

WordPress.com のサポート対象拡張子のリストに含まれていないドメインを使用する場合、または、上に挙げたドメインのいずれかをすでに別の場所に登録済みで、それを WordPress.com で使用する場合、代わりにそのドメインをマッピングできます。


よくある質問とトラブルシューティング

ドメイン移管にはどれくらい時間がかかりますか ?

ドメイン移管の完了には5~7日かかります。

移管にかかる時間を早めることはできますか ?

ケースによっては、ドメインの移管元の登録業者に移管処理を速めるよう依頼できる場合があります。

認証コードが有効ではありません。

認証コードまたは EPP コードは大文字と小文字を区別します。手動でのコード入力ではなく、コードのコピーアンドペーストをお試しください。余分なスペースが追加されないようにしてください。

ドメイン移管は完了しましたが、ドメインが機能しません。

DNS の設定を確認して、WordPress.com のネームサーバーを使用していることを確認してください。「参加サイト → 管理 → ドメイン」の順に移動し、該当するドメインを選択して、「ネームサーバーと DNS」を選択します。「WordPress.com のネームサーバーを使用」のチェックがオンになっていることを確認してください。

また、移管したドメインがプライマリに設定されていることを確認してください。この設定を行うには、「参加サイト → 管理 → ドメイン」の順に移動し、該当するドメインを選択して、「プライマリに設定」を選択します。

プライバシー設定を変更しても、Google にサイトが表示されません。なぜですか ?

検索エンジンがブログを再び訪れ、コンテンツを発見するまでに4〜6週間以上かかることがあります。Google にサイトを登録して、更新をリクエストすることでプロセスが早まる場合があります。