規約・安全対策

パスワード

パスワードは、ユーザーアカウントに非常に重要です。パスワードを変更する必要があったり、何に設定したのか忘れてしまった場合はこのページをご覧ください。

パスワードの変更

現在のパスワードを知っていて、別のものに変更したい場合、以下の動画または説明に従ってください。

WordPress.com のアカウントにログインし、右上にあるプロフィール画像をクリックしてプロフィール画面を開きます。

Screen_Shot_2014-12-24_at_2_06_09_p

サイドバーのメニューからセキュリティを選択します。

security-menu

入力欄に新しいパスワードを入力するか、「強力なパスワードを生成」をクリックしてランダムな強力なパスワードを自動生成してください。

password

次に、「パスワードの保存」をクリックします。これで、パスワードの更新が完了しました。

↑ 目次 ↑

パスワード紛失

パスワードを安全に保つためには設定したパスワードを覚えておくことが非常に重要ですが、忘れてしまうこともあるかもしれません。パスワードをリセットする必要がある場合は、次の手順に従ってください。

1) パスワード紛失画面を開きます。

2) テキストボックスに WordPress.com のユーザー名またはメールアドレスを入力して「新しいパスワードを取得」ボタンをクリックします。

lost password page

3) メインのメールアドレスに復元用メールをお送りします。もし指定されている場合は SMS 用の電話番号にショートメッセージをお送りします。

↑ 目次 ↑

メインのメールアドレスを使ったパスワード復元

パスワードリセットのリンクが含まれたメールがメインのメールアドレスに送信されます。

reset password email

メール内のリンクをクリックすると、新しいパスワードを入力できるようになります。

reset password form

新しいパスワードを入力すれば、完了です。

↑ 目次 ↑

SMS 用電話番号を使ったパスワード復元

セキュリティ設定のセクションにあるチェックアップ画面で指定した SMS 番号 に短いコードをお送りします。この設定をしておくと、万が一メインのメールアドレスにアクセスできなくなった場合も復元が可能です。

Screen Shot 2014-02-14 at 4.23.31 PM

表示される入力画面にこのコードを入力してください。

SMS password reset

最後に、新しいパスワードを設定します。これで新しいパスワードを使用してアカウントにログインすることができます。

↑ 目次 ↑

良いパスワードを選択するには

強力なパスワードを作成するための最良の方法は、パスワード管理ツールを使って文字、数字、記号を組み合わせて長くランダムな選択を生成することです。また、パスワードに似たパスフレーズを使うのもひとつの方法です。パスフレーズはひとつの単語ではなく、複数の単語を組み合わせて作ります。

強力なパスワードの選択方法について詳しく知りたい場合は、こちらのページをご覧ください

↑ 目次 ↑

アカウントの復元アシスタント

メインのメールアドレスへのアクセスができず、復旧用 SMS 番号を追加しておらずアカウントにログインできなくなった場合の復元方法をご紹介します。

メールアドレスやユーザー名を覚えていない場合も含め、サポートが必要な場合は「アカウント復旧フォーム」に記入してください。フォームでは、以下の情報をお尋ねします。

  • アカウント情報: WordPres.com ユーザー名またはメールアドレスを覚えている場合は入力してください。不明な場合は、「登録メールアドレスまたはユーザー名が不明」にチェックを入れて、ブログのアドレスを入力してください。
  • 連絡先メールアドレス: サイトへのアクセスを復活させるためにご連絡する必要があります。現在利用できるメールアドレスを入力し、間違いがないか再度ご確認ください。
  • アカウント所有の証明: あなたがアカウントの所有者であることを確認するために様々な情報を利用します。可能な限りすべての情報を提供してください。
    • Paypal 取引 ID: サイトで過去に有料アップグレードを購入したことがある場合、PayPal 取引 ID (Transaction ID) を使ってアカウントに再アクセスできます。Paypal 取引 ID を見つけるには、こちらのガイドを参照してください。
    • 有効化 URL またはキー: アカウント登録時に WordPress.com が送信した有効化 URL またはキー。
    • 二段階認証コード: アカウントで二段階認証を有効化していた場合、認証アプリに表示されている現在のコードを提供してアカウントの所有者であることを証明できます。
  • 追加情報: そのほか、本人確認に利用できると思われる情報があれば含めてください。