書き込みと編集

投稿とページの違い

WordPress ブログの投稿とページには、非常に重要な違いがあります。

投稿

投稿は、ブログホームページまたは「設定 表示設定」で設定された投稿ページに新しい順に一覧表示されるエントリーです。上部固定投稿を作成すると、それらの投稿は他の投稿よりも前に表示されます。投稿は、アーカイブ、カテゴリー、最近の投稿、その他のウィジェットで見つけることができます。また、投稿はブログの RSS フィードにも表示されます。「表示設定」で一度に表示する投稿数をコントロールできます。投稿の URL には、次のように投稿の公開日が含まれています。http://yourgroovyblog.wordpress.com/2016/11/30/post-title/

投稿をホームページ以外のページに表示したい場合は、フロントページをお読みください。

詳しくは投稿をご覧ください。

↑ 目次 ↑

ページ

ページは変化しないため、日付順に一覧表示されません。ページでは、タグやカテゴリーを使用しません。「サイトについて」ページが典型的な例です。ページはページウィジェットを使用してサイドバーに表示できます。テーマによってはブログの最上部にあるタブにページが表示される場合があります。50枚のページがあり、ページウィジェットを使用している場合は、すべてのページが常に一覧表示されます。ページの URL は次のようになります。http://yourgroovyblog.wordpress.com/page-title/

詳しくはページをご覧ください。

所有できる投稿またはページ数に制限はありますか ?
制限はありません。

ページに投稿するにはどうしますか ?

すべての投稿がメイン投稿ページに表示されますが、カスタムメニュー機能を使用して、特定の投稿をカテゴリーページに表示することもできます。必要に応じて、ダッシュボードで「設定表示設定」を変更することにより、表示する投稿用のデフォルトページを変更できます。このとき、フロントページも変更しなければならない場合があります。   

まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。