外観

テーマ

概要

ページのレイアウト、ウィジェットの位置、デフォルトのフォントと色の選択を含め、サイト全体の外観はテーマによって決まります。WordPress.com のテーマショーケースではテーマごとに「このサイトについて」ページがあり、機能と説明を確認しながらサイトにぴったりのテーマを選択できます。次々と新しいテーマが追加されるので、新しいデザインをチェックすることもお忘れなく。テーマは何度でも変更できます。

テーマの一例として、Edda をご紹介しましょう。

Edda テーマ

↑ 目次 ↑

テーマを有効化する

テーマを有効化するには、サイトのダッシュボードまたはテーマショーケースで、「参加サイトテーマ」に移動します。テーマ名の右側にある3つのドットをクリックし、「有効化」をクリックします。

有効になっているテーマは、「参加サイトテーマ」の最上部に示されます。

McKinley テーマが有効になっています

現在選択されているテーマは、他のテーマを参照または検索する際に表示される結果には含まれないことにご注意ください。

↑ 目次 ↑

テーマを見る

利用可能な290件のテーマをすべて見るには、テーマショーケースに移動するか、サイトのダッシュボードで「参加サイトテーマ」メニューオプションに移動します。

テーマを並べ替えるには、ページ最上部にある「最近人気」、「人気」、「最新」のリンクをクリックします。さらにその結果を、「無料」または「プレミアム」のフィルターで絞り込むこともできます。

テーマショーケースには他にも写真フードミュージックポートフォリオビジネスなどのフィルターがあり、人気のあるタイプのテーマに絞り込むことができます。さらに、カスタムヘッダー投稿スライダーなどの機能、レイアウト、色、価格による絞り込みも可能です。

↑ 目次 ↑

テーマを検索する

特定のテーマや機能をお探しですか ?検索ボックスにキーワードを入力すると、そのキーワードと一致するテーマだけが表示されます。

検索はリアルタイムで行われて、カウントの数値で検索基準と一致するテーマの数が示されます。検索結果は、「最近人気」などの表示モードに従って並び替えられます。

↑ 目次 ↑

テーマをプレビューする

テーマを有効化する前にプレビューするには、「参加サイト  → テーマ」に移動します。テーマ名の右側にある3つのドットをクリックし、「お試し & カスタマイズ」をクリックします。

この操作によって、カスタマイザーが表示され、ライブプレビューでコンテンツにテーマがどのように適用されるか確認できます。サイトにすでにコンテンツが用意されている場合、これはテーマを試すのに最良の方法となります。

スクロールアップやスクロールダウン、さらにはブログ内でいろいろとクリックして、新しいテーマがコンテンツにどのように適用されるのか把握できます。

結果に満足したら、カスタマイザーウィンドウの左上隅にある「保存して有効化」または「購入」ボタンをクリックします。テーマショーケースに戻って、コンテンツによりふさわしいテーマを見つけるために引き続き参照するには、カスタマイザーウィンドウの左上隅にある「X」をクリックします。

テーマを保存して有効化する

テーマをプレビューするには、テーマのデモサイトを表示するという方法もあります。デモサイトを表示するには、「参加サイト  テーマ」に移動します。テーマ名の右側にある3つのドットをクリックし、「説明」をクリックします。この操作により、そのテーマの詳細情報が表示されます。詳細画面の右上にある「デモ」ボタンをクリックすると、テーマを試すことができます。テーマショーケースにも、各テーマのデモサイトを直接表示できるリンクがあります。

テーマの機能

テーマのサムネイルをクリックすると、カスタマイザーにそのテーマのプレビューが表示されます。テーマが気に入ったら、カスタマイザーウィンドウの左上隅にある「保存して有効化」または「購入」ボタンをクリックします。テーマショーケースに戻って、サイトによりふさわしいテーマを見つけるために引き続き参照するには、カスタマイザーウィンドウの左上隅にある「X」をクリックします。

使用したいテーマがすでにわかっている場合は、そのテーマの「保存して有効化」または「購入」ボタンをすぐにクリックしてかまいません。テーマを購入すると、デフォルトでそのテーマが有効化されます。

Edda テーマをカスタマイズする

↑ 目次 ↑

テーマのサイドバー

一部のテーマには、1つ以上のサイドバーが用意されています。サイトバーとは、テーマのサブコンテンツエリアのことです。サイドバーを使用することで、サイトにウィジェットを追加できます。例えば、カテゴリーのリストソーシャルメディアのアイコン、あるいは連絡先情報を追加したいとしたら、サイドバーにウィジェットを追加します。

また、テーマの中には、一連のサイドバー要素が用意されているものもあります。例えば、Twenty Ten テーマにはデフォルトのサイドバー要素として検索バーとアーカイブリストが用意されています。「参加サイト  カスタマイズ → ウィジェット」に移動すると、現在のウィジェットには、これらの要素が表示されないことを確認できます。

これらのサイドバー要素を削除するには、「参加サイト  カスタマイズ → ウィジェット」に移動して、1つ以上のウィジェットをウィジェットエリアに追加します。これにより、すべてのサイドバー要素が選択したウィジェットで置き換えられます。テーマに含まれるサイドバーを完全に非表示にするには、空のテキストウィジェットをサイドバーに追加します。

ウィジェットについてさらに詳しく知りたいですか ?ウィジェットを効果的に利用する方法に関するガイドも用意しています。

↑ 目次 ↑

プレミアムテーマ

多数の無料テーマに加え、豊富な種類のプレミアムテーマの選択肢もあります。プレミアムテーマでは、カスタマイズ用の魅力的なオプションを利用できる他、専属サポートによってテーマ作成者から直接サポートを受けることができます。これらのテーマはいずれも、メッセージを世界に配信できるよう慎重にデザインされています。

頻繁にテーマを変更したい場合や、最新のプレミアムテーマに無制限にアクセスしたい場合は、ビジネスプランへのアップグレードをおすすめします。

↑ 目次 ↑

テーマを変更する

テーマを変更しても、失われるものはほとんどありません。投稿、ページ、メディア、ブログロール、そしてすべてのコンテンツがそのまま維持されます。


新しいテーマに変更した後は、次の点をチェックしてください。

カスタムメニュー

新しいテーマで、目的とする場所にカスタムメニューを再割り当てしてください。テーマによって、カスタムメニューがサポートされる場所は異なります。

ウィジェット

ウィジェットを適切な位置に配置してください。カスタムメニューと同様に、テーマによってウィジェットがサポートされる場所は異なります。

カスタム CSS

テーマを変更すると唯一失われるものは、テーマ固有のカスタム CSS です。以前の CSS を調べるには、「参加サイト  カスタマイズ → CSS」にある CSS 変更履歴のリンクを使用してください。

廃止されたプレミアムテーマ

通常、ブログに選択したプレミアムテーマは、そのブログの有効期間全体を通して利用できます。WordPress.com では、視覚的または機能的な観点から古くなったと判断して、プレミアムテーマを廃止することがあります。プレミアムテーマが廃止されたとしても、引き続き好きなだけ使い続けることがてきますが、別のテーマに変更すると、元のテーマに戻せなくなります。サイトによりふさわしい新しいテーマを見つけられるよう、いつでもお手伝いいたします。

↑ 目次 ↑

カスタムテーマをアップロードする

ビジネスプランのユーザーは、「外観」タブを使用して、サイトにサードパーティ製のテーマやカスタムテーマをアップロードできます。さらに詳しく。

プレミアムプラン、パーソナルプラン、永久無料プランのユーザーは、現在のテーマコレクションの中から適切なテーマを選択できます。コレクションで特定の機能を検索して、サイトにぴったりのテーマを見つけてください。

↑ 目次 ↑

テーマを編集する

WordPress.com では、テーマのファイルを直接編集するためのオプションを用意していませんが、WordPress.com プレミアムプランまたは WordPress.com ビジネスプランを購入すると、この両方のプランに含まれているカスタムデザイン機能を使って CSS を追加し、テーマに変更を加えることができます。カスタムデザインに付属するカスタムのフォントと色を使用すれば、コードを作成することなく、テーマ全体のカラーパレットやフォントの選択を数回のクリックで変更できます。

コードを作成する方法を知らなくても組み込みツールを使ってフォントや色を変更できますが、CSS エディターを使用して変更を行うには CSS に関する知識がある程度必要になります。カスタマイズを開始できるよう、CSS カスタマイズフォーラムでサポートチームがお手伝いいたします。また、「カスタム CSS」ページに記載されている、ヒント、チュートリアル、書籍へのリンクもご利用ください。

コアの PHP ファイルやテンプレートファイルについては、カスタムデザインを使用して編集できないことにご注意ください。さらに詳しく

↑ 目次 ↑

ブラウザーのサポート

WordPress.com に用意されているテーマは、Browse Happy にリストされている、次のブラウザーの最新バージョンとその直前のバージョンの2つをサポートしています。

  • Firefox
  • Chrome
  • Edge
  • Internet Explorer (11のみ)
  • Safari
  • Opera
まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。