ユーザー

ユーザー権限グループ

ユーザー権限グループは、WordPress.com サイトを使用する権限がある (管理者により招待された) ユーザーのアクセスレベルまたは権限です。

概要

  • 管理者 – 制限はありません* (以下の注意を参照)
  • 編集者 – すべての投稿、ページ、コメント、カテゴリー、タグ、リンクにアクセスできます。
  • 投稿者 – 投稿の執筆、写真のアップロード、自分自身の投稿の編集と公開ができます。
  • 寄稿者 – 公開権限とアップロード権限はありませんが、投稿が公開される前に、投稿を執筆および編集できます。
  • フォロワー (公開サイト) / 読者 (非公開サイトのみ) – 投稿とページを読み、コメントできます。

各ユーザー権限グループは、それよりも下位の権限グループが実行できる操作をすべて実行できます(つまり、編集者は投稿者ができるすべての操作を実行でき、投稿者は寄稿者ができるすべての操作を実行できます)。

統計情報は、サイトのすべてのユーザー(管理者、編集者、投稿者、および寄稿者) に対して表示されます。

WordPress.com ビジネスプランで WooCommerce をインストールする場合は、2つの追加ユーザー権限グループ(Customer および Shop Manager) が作成されます。これらの権限グループについては、WooCommerce のドキュメントを参照してください。

↑ 目次 ↑

管理者

管理者は、サイトを完全にコントロールでき、「サイト管理」に関連するあらゆる操作を実行できます。管理者は、追加の管理者の作成、新しいユーザーの招待ユーザーの削除ユーザー権限グループの変更を実行できます。管理者は、投稿、ページ、アップロードされたファイル、コメント、設定、テーマ、インポート、エクスポート、その他のユーザーなど、すべてを完全にコントロールします。

管理者に対し、サイト管理に関連する操作は制限されていません。このため、ブログあたり管理者を1人に限定することをおすすめします。

*注意:サイトの所有者ではない管理者は、サイト所有権を移管できません。管理者は、サイトの別のユーザーが所有している有料アップグレードを変更または管理することはできません。

↑ 目次 ↑

編集者

編集者は、すべての投稿またはページ (その編集者以外の投稿とページも含む) の作成、編集、公開、および削除、コメントの承認、およびカテゴリ、タグ、リンクの管理を実行できます。

↑ 目次 ↑

投稿者

投稿者は自分自身の投稿だけの作成、編集、公開、および削除、ファイルと画像のアップロードを実行できます。投稿者には、ページの作成、変更、削除、および他のユーザーによる投稿の変更の権限はありません。投稿者は各自の投稿についたコメントを編集できます。

↑ 目次 ↑

寄稿者

寄稿者は、自分自身の投稿だけを作成および編集できますが、投稿を公開することはできません。特定の投稿を公開できる状態になった場合、または投稿を変更した場合は、寄稿者が管理者に対し、その投稿のレビューを個人的に依頼する必要があります。さらに、寄稿者の投稿が管理者により承認および公開された後では、寄稿者はその投稿を編集できなくなります。

寄稿者は、ファイルや画像をアップロードできませんが、サイトの統計情報を参照できます。

↑ 目次 ↑

フォロワー

フォロワーには、サイトの編集権限はありません。フォロワーとは、新しい投稿が公開されるたびに更新を受け取るために登録したユーザーです。サイトで実行できる唯一の操作は、コメントを残すことです (フォロワーに対しコメントを有効にしている場合)。ただし、コメントを残すにはフォロワーである必要はありません。

公開されているブログは誰でもフォローできますが、ブログを共有する特定のユーザーに招待状を送信することもできます。

ブログが非公開の場合、招待したユーザー以外はブログをフォローできません。招待したユーザーは読者になります。

↑ 目次 ↑

読者

読者とは、非公開サイトの表示だけが可能なユーザーです。フォロワーと同様に、読者には編集権限はありません。招待された非公開サイトを読んでコメントを残す (読者に対してコメントを有効にしている場合) ことだけが可能です。

注意: フォロワーがいる公開サイトを非公開に設定しても、フォロワーが自動的に読者になるわけではありません。読者は常に招待される必要があります。また、新しい投稿が公開されるたびに更新を受け取るには、読者は非公開サイトをフォローするために登録する必要があります。

↑ 目次 ↑

サイトへのユーザーの追加

管理者が特定のユーザーをサイトの寄稿者、投稿者、編集者のいずれかに設定する場合には、ユーザーの追加手順に従ってください。

重要: ブログでユーザーに付与する権限グループに注意してください。たとえば、ユーザーを編集者として追加し、その後そのユーザーがブログのすべての投稿を削除したとします。この場合、ユーザーは無許可の操作を実行しているわけではないため、これはサイトの「ハック」にはあたりません。このため、信頼できるユーザーだけをサイトに追加することをおすすめします。

↑ 目次 ↑

非公開サイトへの読者の追加

他のユーザーが非公開ブログを表示する (およびコメントを有効にしてある場合にコメントを残す) ことができるようにするには、ユーザーを招待して読者にする必要があります。

↑ 目次 ↑

ユーザー権限グループの変更

ブログの管理者は、次の手順に従って他のユーザーの権限グループを変更できます。

  1. ダッシュボードの「人」に移動します。 「人」ページの画像
  2. 権限グループを変更または削除するユーザーを選択します。この操作により、特定のユーザーのページが表示されます。 ユーザー固有のページの画像
  3. 「権限グループ」の下のドロップダウンメニューを選択し、割り当てる権限グループを選択します。
  4. 「変更を保存」をクリックします。

ブログ所有者には、管理者以外の権限グループを設定できない点に注意してください。ブログ所有者に別の権限グループ設定するには、最初に別のユーザーにブログの所有権を移管する必要があります。

↑ 目次 ↑

ユーザーの削除

ブログの管理者は、次の手順に従ってサイトから他のユーザーを削除できます。

  1. ダッシュボードの「人」に移動します。
  2. リストからユーザーを選択します。

ユーザー削除ダイアログのすべてのオプションが表示されているが、オプションは選択されていない

削除するユーザーのすべてのコンテンツをサイトの別のユーザーのものにするか、または完全に削除するかを選択します。

別のユーザーのものにする場合は、次の手順に従います。

  1. 「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」オプションを選択します。
  2. 選択可能なすべてのユーザーが表示される「ユーザーを選択」ドロップダウンから、別のユーザーを選択します。
  3. 使用可能になった青色の「ユーザーを削除」ボタンを選択します。

ユーザー削除ダイアログ、コンテンツを選択したユーザーのものにする

削除するユーザーがブログで作成したすべてのコンテンツが、選択した新しいユーザーのものになります。

ユーザーのコンテンツをすべて完全に削除するには、次の手順に従います。

  1. 「このユーザーが作成したすべてのコンテンツを削除」オプションを選択します。
  2. 使用可能になった青色の「ユーザーを削除」ボタンを選択します。

ユーザー削除ダイアログ、すべてのコンテンツを削除オプションが選択されている

この時点で、ユーザーがブログで作成したコンテンツがすべて完全に削除されます。

まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。